L-アトロピンCAS:101-31-5

L-アトロピンCAS:101-31-5はトロパンアルカロイドです。これは、ヘンバネ(Hyoscyamus niger)、マンドレーク(Mandragora officinarum)、ジムソンウィード(Datura stramonium)、トマト(Solanum lycopersicum)、致命的なナイトシェード(Atropa belladonna)など、ナス科の特定の植物に見られる二次代謝産物です。これは、アトロピンの左旋性異性体(3つの主要なナイトシェードアルカロイドの3番目)であり、レボアトロピンとしても知られています。ヒヨスチアミンを、それが前駆体である関連するナイトシェード由来の抗コリン作用性スコポラミンの古い別名であるヒオシンと混同しないでください。 L-アトロピンCAS:101-31-5は、特定の種類の神経ガスや農薬中毒の治療、および一部の種類の遅い心拍数の治療と、手術中の唾液産生の減少に使用される薬です。通常、静脈内または筋肉への注射によって投与されます。 L-アトロピンCAS:101-31-5は、競争力のある価格で異​​なるサイズで供給できます。

制品の詳細

名前:L-アトロピン

ほかの名前:

L-ヒヨスチアミン

(8-メチル-8-アザビシクロ[3.2.1]オクタン-3-イル)(2S)-3-ヒドロキシ-2-フェニルプロパン酸

(S)-(-)-アトロピン

(-)-アトロピン

(-)-ヒヨスチアミン

(S)-アトロピン


CAS:101-31-5

アイネックス:202-933-0

MF:C17H23NO3

MW:289.37

外観:白い粉

MP:108.5℃

純度:97%

パッケージ:25g、100g、500g、バルクパッケージ

用途:O化学中間体; API


Hot Tags: L-アトロピンCAS:101-31-5、中国、サプライヤー、メーカー、工場、卸売、バルク

引き合い

You Might Also Like